FC2ブログ

ねこと眠る箱庭

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit
   

赤いほうき星と黒の呪文

Story4 逆さ星 (後編)

  Back  




私と彼女は一卵性双生児で。
顔も形もなにもかもがそっくりで。
まるで鏡でも見ているようで私はとても誇らしいのに、
彼女はそんなにうれしくないらしい。

「ねえねえ、聞いてる?」

振り返った私を見て、彼女は左眉をあげて顔をしかめた。
(それは彼女の癖で。私も同じ表情をしようと思えばできる)

「聞いてるよ」
「ほら、あの星。赤くて綺麗じゃない?」
「星って赤くないでしょう普通。火星とかじゃないの?」
「星と惑星の違い?名前だけじゃない違いなんて。星は星だよ」

おんなじ顔のおんなじパジャマを着た二人の少女が、
家の窓から身を乗り出している光景は、なかなかに神秘的なんじゃないかな、
と、上機嫌で彼女を見たけど、
やっぱり彼女はさっきと同じ表情をしていて、私は少し残念な気分で空をみた。
きらり、と、さっきの赤い星が呼応するように光った。

「ほらほら。あの赤い星。落ちてきそう」
「どんな感じよそれ」
「ね、流れたら願い事唱えようよ」
「えー。やだよ。信じてないもん」
「いいから、いいから」

指差したその先で、私の言葉に反応したかのように、本当に赤い星が落ちてきた。
思わず願い事をかけてから、彼女を振り返ったら、
彼女も真剣な表情で願い事をしていた。
うれしくてもう一度夜空を見たら、もう赤い星は見えなくなっていた。

「願った?」

きらきらと私は問いかける。

「願った」

ちょっと不満げに彼女は答える。

「なんて願い事した?」
「そっちは?」
「私は、二人で一緒にいられますようにって」
「ふーん。私も似たようなもんかな」

うれしそうに私は笑ってみせた。
彼女は、なんだか複雑そうに唇を曲げる表情をしてみせたので、
ああ、きっと、違うことを願ったんだろうな、と私はわかった。
たぶん、

私と離れられますように。

とでも願ったんだろう。
だって、彼女は、
私がうそをつくのと同じ顔をしていたから。




Back 
スポンサーサイト



   

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。